Teaching courses

前期 

  キャリアアップⅠ
  知能情報システム実験
  情報リテラシー
  ロボット工学(復習材料)
  コンピュータ制御システム演習
  基礎セミナー
  卒業研究I

後期 

  キャリアアップⅠⅠ
  機械CAD
  卒業研究入門
  卒業研究II
  情報処理
  環境情報計測システムセミナー

Research Area

  • ビジュアル・サーボイングVisual servoingフィードバックループ内部に視覚センサーをくみこんだフィードバック制御系で、自律ロボットの運動制御となる。
    a technique which uses feedback information extracted from a vision sensor to control the motion of a robot...
  • 動作測定Motion detectionESMを基づき、動いている微生物の輪郭抽出システムを開発した。
    We have developed an affine model and a corresponding ESM algorithm for image matching that shows good performance in estimating 2-D motion for a moving imagery...
  • 追跡顕微鏡Lock-on microscopic tracking system遺伝子組み換えと行動アッセイを得意とするC. elegans研究者と共同して、自由に動くC. elegansを対象して、行動を追跡しながら、神経細胞の活動が記録できる高倍率・高時間分解能(対物40-60倍、500フレーム/秒)で適切な領域を設定できる追跡・計測装置を開発した。追跡高速化、ロバスト化を実現した。
    An automatic microscope tracking system has been established to keep moving sample in the center of our visual field by controlling the stage in 2D...

Long term goal

C. elegansの光遺伝学により、蛍光画像の特長点を抽出し、顕微鏡視野内の特定の神経細胞を選択的に局所光刺激するプロジェクタ装置を開発した。明視野観察画像の解析と行動分析は高い時間分解能で行い、それと同時に低い分解能で蛍光画像と神経活動の解析も行った。これにより、高い時間分解能の行動推定と低い分解能の神経活動観察の照合を行うことができ、行動推定モデルの洗練が可能となった。

Similar mechanism of behaviors responding internal information processing circuits has been shared across different organisms, from unicellular protozoa to multicellular nematodes, mammalian organism, vertebrate organism, even extremely complex human beings. Simple internal circuits or more complicated nervous system process external signals received from surrounding environment and evoke certain behaviors to find food or avoid danger for surviving.

We are interested in exploring the functional mechanism of nervous system at the level of neurons, neurotransmitters and partial neural circuitry through behavior and neural activities observation by using the techniques of robotics, image processing and optogenetics.